背中にきびは治りにくい

にきびは体のあちこちにできます。顔などは特にできやすい傾向もありますが、肩や首、お尻などさまざまな部位にできるのも特徴の一つです。
また、背中にもにきびはできることがあり、背中にできてしまうと、治りが悪いといわれています。

理由としては、下着、シャツなどによって、にきびを刺激してしまうことや、背中の場合には汗をかきやすいため、雑菌などの繁殖がしやすいため、不衛生な肌環境になりやすいことが原因になる場合があります。


対策としては、できるだけ背中を清潔に保つことも大切です。


また、できるだけ刺激しないようにすることも重要ではありますが、下着やシャツなどが触れて刺激となるのはある程度仕方がない場合もあります。



ですが、いすなどに座る時などは背もたれに寄りかかることもあります。そのような場合に、にきびが背もたれにより刺激されないように注意したり、行動しているときに、にきびにできるだけ刺激を与えないように心がけることは必要です。


また、治りにくいからといって、放置していてはいけません。

できる限り回復を早めるためには、生活習慣や食生活を改善していくことで、回復を早めましょう。

あなたの探していたAll Aboutの最新情報を公開しています。

健康を意識した生活習慣を身に着けることでも、回復を早めることになります。

また、食生活では、肌に必要な栄養が不足しないような食事を心がけるといいでしょう。



偏食や暴飲暴食などは控えるようにして、しっかりと肌に栄養が足りるように栄養管理をきちんと行い、食生活を改善していくことで悪化を防ぎ、回復を早めましょう。