首のにきびを予防する

顔や背中、お尻などにもにきびはできます。


また、首にもにきびができることがありますが、首にできる原因としては、清潔に保てていないことなども原因の一つとして考えられます。


首なども汗をそれなりにかくため、運動をしたり、気温が高い時期などは、タオルなどでしっかりと汗を拭き取ることが大切です。
汗はそのまま放置しておくと、肌に雑菌が繁殖しやすくなり、肌荒れやにきびなどの原因になります。


また、汗は、体臭の原因にもなるためできるだけ、拭き取ることが重要です。



また、汗をかいてしまった場合には、帰宅後できるだけ早く、お風呂に入ったり、洗顔をする時に首周りもしっかりと洗い、汗や汚れなどが残らないようにしましょう。

また、お風呂でボディソープなどを使い洗い流す場合もボディソープなどがきちんと落としきれずに首に付着しているとそれが肌荒れの原因となる場合があります。

教えて!gooについて詳しく書かれています。

またシャンプーでも、同じように髪だけを意識して洗っているとシャンプーを洗い流しても、首筋にシャンプーの洗い残しがある場合も肌荒れにつながります。
お風呂で汗や汚れを洗い流すことは大切なことですが、ボディソープやシャンプーなどもしっかりと洗い流すように心がけましょう。



また、首だけに関わらず、にきび対策としては、食生活の改善も重要といえるでしょう。
肌に必要な栄養をしっかりと補うために、食事を改善していくことで、きれいな肌にしていくため、またにきび予防や対策になります。